お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.34

(I様邸)ただただ、びっくりです

※コーディネーター=西田

お家を建てられたきっかけを教えてください

インタビュアー:先ほど建売りで探していらっしゃったとお伺いしたのですが。

旦那様:はい。元々は、今も社宅に住んでるんですけども、社宅をあと2,3年で出ないといけないというのがあって。
そろそろ家を探し始めようかと思ったのが購入するきっかけです。

インタビュアー:ここで家を建てようと決められたポイントは場所ですか?

旦那様:そうですね。今のところは勤務地が宇治なので宇治の周辺で決めたいなという、場所で決めました。

インタビュアー:最初は建売の会社で探していらしたのですか?

旦那様:会社の先輩が穂高住販さんでお家を買われてたので。

インタビュアー:嬉しいです(笑)

旦那様:それで、「すごく良かったよ」と紹介を頂いて。
それで(営業担当の)中村さんに連絡したら、一回話をさせて下さいとのことで、話を聞かせて頂く事になって。
そこからすごくいいなぁと思ったんで穂高さんに決めようと思って。

インタビュアー:なるほど。その後、弊社のお家をいろいろ回られたのですか。

旦那様:はい!

インタビュアー:何か気に入ったお家はございました?

旦那様:そうですね。最初は建売の家を見て、宮北辺りの家が結構いいなと思ったんですけど。
結局契約しようかなと思って一回見に行って帰ってきたら他のお客さんが急遽契約することになって・・・。

インタビュアー:そんなことがあったんですね。

旦那様:まぁ、いろいろ相談しているうちに、注文住宅でもいいんじゃないの?という話になって、注文住宅で土地を決めるという事になりました。

I様

 

注文住宅を建てるうえで、こだわりはありましたか?

旦那様:えーっと・・・私自身は京都は冬が寒いというので床暖房は欲しいなというのはありましたね。

インタビュアー:そうですね。京都は確かに寒いです。

旦那様:あとはやっぱり穂高さんのこだわりというかね、断熱性がいいというのを売りにされていたので、断熱性を高めた家という・・・。
もうちょっと断熱性を標準のものよりも高めたいなというのは、こだわりとしてありました。

インタビュアー:ありがとうございます。
部屋の内装でこだわりはございましたか?

旦那様:私自身は無かったんですけど見て頂いた通り・・・(笑)

断熱材のこだわり

 

 

お家のコンセプトについて教えてください

インタビュアー:奥様とお家を建てる上で、どんなものが良いかなど、相談をされたと思うのですが、その時に話し合った内容はどういったものでしたか?

旦那様:『明るい家が良い』ですね。

インタビュアー:あぁ、確かに。

旦那様:なので窓をいっぱい作ってもらって、光をいっぱい採り入れる家という事に。

インタビュアー:階段部分がすごく印象的なのですが、リビング階段にしたいとかそういうものはあったのですか?

旦那様:最初は階段に特にこだわりがなかったんですけど、(コーディネーター)の西田さん、(現場監督の)白石さんがいろいろ考えてくれて、こういう素敵な階段にして頂いたという(笑)結果的にすごく良かったというとこなんですけどね(笑)

明るい吹き抜け

 

間取りのこだわりはありましたか

旦那様:間取りに関しては大きく変えてはないんですけど。
最初2階にトイレがついてなかったので、できれば2階にもトイレをいれたいというぐらい・・・ですかね。
あとは子供が小さいうちは妻が料理している時に和室辺りに遊んでると思うので、ここをちょっと見やすいようにしたという所はちょっと・・・。

キッチンから和室が見える

インタビュアー:確かに。

旦那様:そこが考えたポイントですね。

インタビュアー:この天然木のカウンターも、例えばお子様が大きくなって勉強する時に、とても利用しやすそうですね。

旦那様:そうですね。カウンターは初期というより中盤以降に、子供がちょっと大きくなった時に一緒に勉強したりできるような所があればいいよねというので、これも途中から無理言ってつけていただきました。

インタビュアー:木材は結構変わった木材を使用されているのですが、決め手はどういった所だったのですか?

旦那様:決め手はですね、最初見た時はもうちょっと違う色ではあったんですけれど、いろいろ板を見せて頂いて・・・ここも私のお気に入りというか(笑)

インタビュアー:旦那様の趣味で。

旦那様:これすごくいいなと思う色の板を選ばせて頂いたというか(笑)

インタビュアー:かっこいいですよね!

旦那様:はい!

インタビュアー:私もいろんなカウンターを見ているんですけど、この木材はいいなぁと本当に思いました!
厚みと色合い、風合いがすごく合ってますし・・・

旦那様:そうですね!

インタビュアー:(カウンター部分の)アクセントクロスも後で付けることになったみたいな事をおっしゃってましたけど、合っててすごくいいですね。
絵になります。

旦那様:そうですね。

カウンター

 

よかったことや大変だったところを教えてください

旦那様:よかったことは、今まで知らなかったこととか、いろいろ教えてもらったこととかありますし。
やっぱり自分たちの意見を言った時にほとんどのことを通していただけるというのは、やっぱりすごく良かったなぁと思います。
あとはいっぱい打合せさせてもらえたという事で、家への愛着が強くなったなぁという。

インタビュアー:お客様が一つ一つ決めて建てていくというのが注文住宅のいい所だと思うので、たぶんこれからもっと愛着が湧いてくるんじゃないかなと思います。

旦那様:はい。

インタビュアー:打合せをしていて、「わかったことがあって、楽しかった」とおっしゃっていたんですけど、具体的にはどういった所でしたか?

旦那様:例えばですけど、こういう第一種低層住宅地になるとこれくらいの広さにしてという事もそうですし。
階段の幅をこれくらい取った方がいいよとか。
断熱のこととか私はあまり知らなかったので、その辺のこととかは、生活する上ですごく参考になるなという感じでしたね。

インタビュアー:今日も外が結構熱いんですけど、室内が涼しいですよね!

旦那様:そうですね。

インタビュアー:入った瞬間ちょっとヒヤッとしてていいなと。

旦那様:そこはすごく何回かこう出来上がってから来させてもらったんですけど、すごいなと感じるとこでしたね。

モノトーン外観

 

完成したお家を見ての感想をお願いします

旦那様:ただただびっくりですね(笑)

インタビュアー:(笑)

旦那様:想像以上の家になったなというのが感想ですね。

 

最後に担当者へ一言お願いします

旦那様:いろいろわがまま言ったかと思うんですけれども、全部叶えて頂いてほんとにありがとうございました!

インタビュアー:先ほど奥様がセレモニーの時に、(頻繁にメールを送っていたので)「(コーディネーターの)西田にメールを見られてどう思われているのか気になった」とおっしゃられていたんですけど(笑)
いろいろとこだわりがあるのかなと、とても感じました。

旦那様:そうですね(笑)
元々「こうしよう」ってなってて、「いやちょっとこう変えよう」ってなって・・・。
「いやいやもっと考え直して、こうしよう」って、なってたんですけど。
それを嫌な顔せずに全部叶えてくださったので本当にありがたいですね。

インタビュアー:ありがとうございました。

引き渡しセレモニー