お客様の声のページ画像

お客様の声

Vol.14

イメージ通り!こだわりを全部詰め込んだ家(I様邸)

※コーディネーター=松葉

家を建てたきっかけを教えてください

奥様:マンションの陽当たりがすごく悪くて・・・。

旦那様:それまで凄く陽当たりが良かったんですけど、向かいにホテルができるっていうことで、陽当たりが悪くなるからということで。
あとは、子供が大きくなって荷物が増えてきたので、マンションだとあまり収納がなく・・・。

奥様:子供部屋をどうしようかって話になったんです。
子供部屋と中窓

 

戸建てに決められた理由はありましたか?

旦那様:最初そんなにこだわりはなかったんです。

奥様:マンションでもありかなって本当は思ってたけど、いろんな住宅メーカーとか見学してて「家もありかなぁ」っと思ってたんですけど、見てるうちに大手のハウスメーカーは無理だなぁと思いまして。
それで、中古とかも考えていくうちにこちらに。

インタビュワー:穂高を選んだのは注文住宅だからですか?

奥様:最初は注文建築じゃなくて、中古物件で何かいいのないかなって感じでした。

 


住宅のこだわりについて教えてください

向い合せ子供部屋奥様:もともと間取りとか書くのが好きだったので、実際私が書いた間取りで建ててもらったみたいな(笑)

インタビュワー:すごいですね!

奥様:2階はちょっとうまくいかず、収納でいろいろ一緒に悩んでもらったりしたんですけど。
1階は吹き抜けと、子供部屋が向かい合って、下(1階)に「おーい!」みたいな(笑)
コミュニケーションがとれる間取りがよかったんで。

インタビュワー:はじめから、こういうこだわりを持っていらっしゃったんですか?

奥様:いや・・・本当にイメージで。
まぁせっかく子供部屋を作るなら「コミュニケーションできる間取りってどんなんかな?」って思ったら、こんな感じになったっていう(笑)
畳の部屋も欲しかったんですけど、ただ単にフラットだったら今のマンションと同じだったんで、ちょっとアップのものに憧れていたので。
座れて、別の和室空間ということで、「いいなぁ」と思って。

インタビュワー:座り易いですね。

奥様:そうそうそう!ちょうど良い高さですよね。

コーディネーター:色々ありましたね。和室はもう・・・かなり時間を割いて考えていただいて。
吊押入れは、はじめの段階からしようってあったんですけど、ただ玄関側に入り口を作るかとか、丸窓つけるかとか・・・。

奥様:ただ金銭的な理由で四角い窓になったんですよね(笑)
和室アップ

コーディネーター:木津のモデルハウスにも来ていただいて。
建具の雰囲気とかも気に入ってくださって、ちょっと採用して。

インタビュワー:キッチンもモデルハウスのイメージですか。

奥様:キッチンが同じようにやりたいというのと、リビングの梁も同じように出したいって言ったのと。

コーディネーター:木には、かなりこだわっていただきました。
梁の出し方も安田の願いが叶ったみたいなんで。

奥様:できるだけ多くみたいな(笑)

インタビュワー:ちょっと変わってますよね。

コーディネーター:何気にはじめての出し方なんです。
モデルハウスとも完全に一緒ではなくて。
そのままいってたら、吹抜け部分しか見えてなかったんです。
それ以外も出すというのが、難しくて。
構造的に、ちょうどはまってくれて安田も満足してました。

インタビュワー:すごくお洒落なんですけど、デザイン上のコンセプトはあったんですか?

奥様:いや・・・とりあえず光と風と収納の家みたいな感じで(笑)
とりあえず明るい家のおうちがよかったので。
できるだけ南も窓を大きくしてもらって、吹き抜けの窓と、階段側にも大きい窓をつけてもらって。
・・・で通気性も考えて窓をたくさん作ってもらったんで。

コーディネーター:風が全部ぬけてくれるような。
2階も吹き抜けの窓を開けて、寝室の窓もあけて、あっちもこっちも開けて(笑)

奥様:シーリングファンも、ちょうどうまく入ってくれて、空気が上手いこと循環してくれます。
通気性抜群吹抜け


家づくりで大変だったことは何ですか

奥様:いやぁ・・・・色々大変だった(笑)

インタビュワー:間取りの段階から悩んで、建具も悩んで・・・。

旦那様:全般的に悩んだよね。ぽんぽんぽんって決まらなかったよね。

奥様:金銭的なところが全部ひっかかってきて。どれだけどう削っていくのかを1番悩んだかな。

コーディネーター:全部出したうえで、「これはとって、これは止めとこう」みたいなね。

インタビュワー:でも、バランスよく決められてますよね。

奥様:この壁紙も「マグネットがつくようにしてほしい」って新たにしてもらって。

コーディネーター:そうです。(緑のクロス)黒板になるんです。

奥様:色もちょうどいい色があったので。

コーディネーター:この色もポイントになってますよね。

インタビュワー:これはどう利用する予定なんですか。

奥様:子供が大きくなった時に、学校行事とか忘れないよう貼れたらいいなぁっと思って。
ピンで刺すのと迷ったんですけど。

インタビュワー:壁に穴空いちゃいますものね。

奥様:そうなんです。コルクも結局高いし、それやったらマグネットの方が綺麗かなって思いました。
マグネットクロス

家づくりで楽しかったことは何ですか

奥様:打ち合わせ中ずっと楽しかった(笑)
大変やけど、松葉さんと一緒にやりとり・・・・メールでやりとりで「ここ、こんなんできますか?」ばっかり言って(笑)


完成した家を見て感想をお願いします

奥様:イメージ通りで、こだわりを全部詰め込んでいただいて。本当によかったなと思いますね。

インタビュワー:言ったことがカタチになっていったからという感じですか。

奥様:そうですね。自分で色々調べながら。
今までのあった知識がこう活かされて、すごい良かったなって(笑)
木が美しいLDK


担当者にコメントをお願いいたします

インタビュワー:現場監督からお願いします。

奥様:最初は本当に強面だったので(笑)
でも本当適格なアドバイスをしてくれたり、笑うとけっこう可愛かったり(笑)
親しみがあって、本当によかったです。良いアドバイスをもらえましたね。経験上のアドバイスをしてくれたり。

旦那様:うちらがこうしたいっていうのを、けっこうムチャな要望もちゃんと汲み取ってくれて、カタチにしてくれるのはすごくあったので、すごく心強かったです。
長いこと現場にいるだけあるなと思いました。

インタビュワー:営業の野間はいかがでしたか。

奥様:すごい一生懸命で、まじめな感じが伝わってくるのが、頑張ってる感が伝わってきて。しっかりやってくれました。

インタビュワー:コーディネーターはいかがでしたか。

奥様:松葉さんには大感謝です。
もう本当に頻繁にやりとりしてもらって、いろんな「これできますか?」とか、私が提案したことをできるだけカタチにしようと色々調べてやってくれたので 楽しかったです。
すぐ返事かえってきて、打ち合わせに合わせて答えを出してくれて感謝しています。